ワーホリキングホリデー(オーストラリア)に英語力0で行っても大丈夫?

この記事を読んでわかること
・英語力0でも海外で生活できるのか(仕事や家は自分で探せるのか)
・英語力0でワーホリに行ったワーホリ生の現実
・英語力0だけど、ワーホリに行きたい方の解決策

英語力0の定義をこのブログでは、一切の英語が聞き取れない。英単語も知らない。アルファベットもA~Z書けない・言えない。ということにします

英語力0でも海外で生活できるのか?

英語力0でも、住む場所は見つけられる!

ワーホリ生は基本的に、シェアハウスに住むかと思います。シェアハウスを探す方法はいくつかありますが、オーストラリアには日本人用のシェアハウスまとめサイト(日豪プレス・JAMS.TV・CHEERS)があります

日本語でシェアハウス情報が掲載されていて、問い合わせは日本語、シェアハウスのオーナーも日本語、大抵の場合シェアメイトも日本人が多い傾向です

シェアハウスを探す際の注意点を下記にまとめてあるので、気になる方は参考にどうぞ!

シェアハウス探しは、日本語だけで完結することができるので英語力がなくても大丈夫です!

英語力0でも、仕事は見つかる!働く先はある!

実際にどのような仕事があるのか?

・フードデリバリー(Uber eats・Menulog・Door Dashなど)
・ハウスキーパー
・ホテルの清掃
・ファームジョブ
・お土産屋
・アジア系レストラン(キッチン・ウエイター・キッチン内で皿洗い)

などなど

郊外だと仕事を探すのに確実に苦労することになるので、都会に滞在して、英語力が必要ない仕事なら何かしら見つかります!

さらに!知らない方はいないと思いますが、オースとラリアは他の国に比べて最低賃金がとても高いです!

2022年7月1日、最低賃金の変更があり、時給が$21.38になりました。1日8時間働くとして、週に約$800~$850稼げる計算になります!これを月計算すると約$3,400⇦アルバイトでもこれだけもらえたら嬉しいですよね!(税金別途引かれます)

Fair Workのホームページ最低賃金を確認できます

さらに、祝日はダブルペイで時給が$40以上になることも!

私の友人は、祝日は時給$60で働いていました。。。高すぎ。。。

英語力0でも休日を楽しめるか!?

はい!もちろん楽しめます!

少なくても、職場・シェアハウスなどで友達をつくることはできるでしょう!その友達と、遊びにいけます!さらに、前述した通りオーストラリアではお金を稼ぐことができるので、法律に遵守した給料を払ってくれる職場で働けば、お金がなくて遊びにいけない!と言うことはないです!

レンタカーして郊外にへ行く!オーストラリア国内旅行をする!テーマパークへ行く!オーストラリア国内にはたくさんの楽しめる場所があるので、是非ご自身で調べてオーストラリアライフを楽しんでくださいね!

補足:オーストラリアのスーパーは基本的に、セルフ会計ができるので英語を話す必要がないです!マクドナルドやKFCその他ファーストフード店も基本的にはキオスクが入っているので、注文に困ることはありません!

下記より、【英語力0でワーホリに行ったワーホリの現実】を解説していますので、気持ちよくこの記事を読み終わりたい方は読まないでください!

英語力0でワーホリに行ったワーホリ生の現実(努力をしないとワーホリライフ詰みます)

海外にいるだけで、英語力は身に付くのか?

100%身に付きません!!!

『英語力0でも海外で生活できるのか』の章で紹介した、英語を話す必要がない仕事、日本人と一緒にいるだけでは、間違いなく英語力は身に付きません

これで英語力が伸びると思いますか?

私が会ってきた日本人で2年~3年、俺はオーストラリアにいるぜ〜って人で英語が全く話せない人が何人もいました

どのような仕事をしているかと聞くと、アジア系のレストランとUber eatsを掛け持ちです

英語が話せなくても、海外で実際には生活が出来てしまう。海外にいるだけ満足してしまう

これに、気づけない人たちが多いと思います

海外で生活をしているだけで、英語力は身に付く!と言っている人は、恐らく英語がわからないけど、ローカルの人と何かしらの接点があった人だと思います。常に英語漬けで聞こえてくる言葉は全て英語!それは、自然と英語が身につくのも当然です

私も経験があるからわかります。高校生の頃に日本人がいないニュージーランドの高校に交換留学させてもらい、サッカー部入っていました。授業は全て英語、学校が終わったらサッカー部へ(チームメイトは全員ローカルの学生)行く、帰宅してからもホームステイの家族と話す。気づいた時には英語が聞き取れて話せるようになっていました

英語が話せなくてもお金は稼げるのか

Uber eatsは別として考えます。フードデリバリー系は英語力が0で仕事が出来き、かなり稼げるからです

下記に、Uber eatsに関する記事を書いているので興味がある方はどうぞ!

英語力が0でもお金は稼げます。しかし、貯金が難しいです

理由:オーストラリアの最低賃金は時給が$21.38といいましたが、中には最低賃金を大きく下回る(時給$15)違法な給与形態でスタッフを雇用をしているお店があります

英語力0だと、法律に遵守して給料を払ってくれるお店で働くことが難しくなります。お店のオーナーからしたら、英語を全く話せない人を雇っても意味がないですからね

家賃や食費を稼がないといけないので、違法な給与形態のお店で働くことになります

結果、自転車操業のようになってしまいます

最初に言っときますが、しっかりと法律に遵守し給料を払ってる会社の方が多いです!

前置きをしたので、いいますが

個人営業のお土産屋さんとアジア系のレストランでは違法な給与形態でスタッフを雇用している傾向があります

仕事⇨寝る⇨仕事⇨寝る【負の連鎖】

給料が安いとこで働いていると、掛け持ちをしないと生活費が稼げません。なので、2つ以上の職場で働き夜はぐったりして家に帰りお酒を飲みながらYoutube/SNS/Netflixを見て寝落ち。

気づいたら、アルバイトの時間

休日は、日頃の疲れを癒すために部屋でごろごろ、ストレス発散のために気の合う日本人とお出かける

完全に負の連鎖で海外にいる意味があるのか?と私は疑問に感じました

ワーホリ生

いやーちがうんだよ!俺/私は、海外に休暇をしにきたんだよ!楽しみにきたんだよ!世界を見にきたんだよ!

って人もいるかと思います。それも全然ありだと思います!

デンマークではギャップイヤーというものがあり、少し意味合いは異なりますが、見聞を広げるために1年間自分が好きなように過ごす期間がありますからね

でも、実際に『仕事⇨寝る⇨仕事⇨寝る』を繰り返していても、、、

休暇ではないし、楽しめてもないし、部屋でゴロゴロしながらスマホを見ても世界を見れてはないかなと、、、

結果:日本に帰国した時には英語力は身に付いていない、自分の殻を破るよう挑戦をしないから大きな達成感もなく、楽しい海外長期滞在でした!でワーホリライフを終えることになります

英語力0だけど、ワーホリに行きたい方の解決策

3ヶ月語学学校に通う
・強制的に英語の勉強をする習慣を身につける為
・情報収集の為

※語学学校の回しものではありません

渡航前に一切英語の勉強をしてこなかった人が、海外に来たからって独学ができるようになるわけではないです!海外でも英語の勉強をしている人は、日本にいる時から勉強しています(多分)

語学学校を探す方法は下記のブログで解説していますので、参考にどうぞ〜

語学学校に通うメリットはたくさんあります

  • 現地のSIM Cardの契約を手伝ってくれる(学校又は友人)
  • 銀行口座の開設を手伝ってくれる(学校又は友人)
  • 英語を学ぶ習慣ができる(帰宅して宿題をする+予習が不可欠)
  • 国際色豊かな友人ができる
  • アルバイト関連の情報を友人と共有ができる
  • 語学学校の掲示板に求人情報を載せているところもある
  • 語学学校内は基本的に英語のみしか話せない
  • 英語履歴書の書き方・チェックをしてくれる
  • 英語面接の練習をしてくれるところもある

メリットを書き出したらキリがないですが、こんな感じです

実際、3ヶ月語学学校で一生懸命勉強しても英語がペラペラになるということないです!(1年間一生懸命英語を勉強すれば別かと思いますが)

この3ヶ月語学学校に通う目的は、英語の基礎を学び・勉強の習慣を身に付け・国際色豊かな友人を作り・海外生活の情報交換(アルバイト情報・シェアハウス情報など)をすることが主な目的となります

稀に物凄い行動力と度胸があり、情報収集能力に長けてる人は、全部自分で対応して何とかしています(笑)

仮に今から私が、韓国語能力0の状態で韓国にワーホリに行く場合、韓国にある語学学校に3ヶ月通います。だって、韓国語全く話せないし、韓国のことを何もしらないので(笑)語学学校に行ったら韓国語の勉強はもちろんのこと、あらゆる情報(仕事・シェアハウス・安いスーパーなど)をかき集めます。たしかに、今の時代ネットに情報は沢山ありますが、、、やはり、現地でしか調達できない情報もあります。もう一つの理由は、とりあえず、渡韓する!という度胸は私にはないです(笑)

手取り早く英語力を身に付けたいのなら現地のコミュニティーに参加する

現地の人と繋がりを持てる場所に行くと英語力はかなり向上します!私の場合は、Uber driverしていた時に会ったお客さんと何回か飲みに行きましたし、お客さんが紹介してくれた卓球クラブにも入っていました(笑)

現地の人との接点を作ることは、少しハードルが高いですが、FacebookやGumtreeで自分の興味のあるコミュニティーがあれば参加してみることをオススメします

英語が話せなくても、定期的に参加していれば、みんなすぐに仲良くなれます

どれだけ、英語環境に身を置けるかが、あなたの今後の英語力向上に関わってきます!

出会い系アプリはオススメしません。シンプルに危ないです。特に女性、知り合いで怖い目にあったという話を聞いたことが何回もあります

最後に、この記事を書いた理由

他の記事でも書きましたが、『ワーホリに行ったら人生が終わる』という他の方が書いている記事を見かけたことがあります

恐らく、そのようなことを言う人は『ワーホリ生の現実』で紹介をしたようなワーホリライフを送っていたのだと思います。このような人を少しでも減らせるように、今回はこの記事を作成しました

もう一つ理由があって、私もワーホリ1年目は『ワーホリ生の現実』で記載した内容に似たようなワーホリライフを過ごしてました。朝6:00~13:00までお土産屋で働き、14:00~21:00Uber eatsをして働く。私の場合は、お金に目がくらみ週6で働いてました。帰宅したら、お酒飲みながらYoutubeを見る。ある時に、自分なにしてるん?帰国したら、どうするの?と不安になりました。そこから物事を考え直し、帰国してからも生かせる仕事と新たな挑戦を初めました

私は、Working(働く)✖️ Holiday(楽しむ)=知見を広げる手段、自分の可能性を広げる手段だと考えています

この記事を読んで、あ、私/俺も心当たりがあると思った方は、今からでも遅くないので現状の自分は何をしているのか?どうあるべきなのか?を考えて行動に移してみてください!

行動していけば、何かしらが変わるはずです!

それぞれ、ワーキングホリデーに挑戦している方の目的は違いますが、日本に帰国してから後悔しないようなワーホリライフを歩んで欲しいと思います!

長い記事でしたが、最後まで読んでくれた方ありがとうございました〜!