【オーストラリア】ワーキングホリデー仕事の探し方

この記事を読んでわかること
オーストラリアで、いろいろな仕事の探し方がわかります!

ネットで仕事を探す

※画像の上でクリックすると、求人サイトに移動ができます

日本語で仕事を探す

日豪プレス
JAMS.TV
CHEERS
DENGON NET

英語で仕事を探す

seek
indeed
Jora
Gumtree

Facebookグループから仕事を探す

※Facebookのグループに参加するには、Facebookアカウントが必要です

下記に紹介しているグループは一例です。都市毎にFacebookのグループがありますので、ご自身でFacebookからどのようなグループがあるのか探してみてください!

オーストラリアワーキングホリデー求人
オーストラリア情報
Backpacker Jobs in Australia
Jobs in Cairns QLD

日本語サイトと英語サイトの違いは?

言語が違うのはもちろんですが、求人の情報量の違いです

実際に、それぞれのサイトを確認してもらうとわかりますが、日本語サイトよりもが英語サイトの方が遥かに『求人情報』多いです!

せっかく、ワーキングホリデーをするのなら、ローカルの英語環境で働きたい!と考えている人も多いかと思います。そのような方は、英語求人サイトで求人情報を確認することをオススメします!

日本語求人サイトで仕事を探すと、必然的にジャパレス系の求人が多くなります

履歴書を持ってお店に行く

かなり度胸が試されますが、履歴書を持ってお店に行く方法もあります

運が良ければ、その場で面接となり、翌日にお試しで働いて、認められれば採用となります!

上記で紹介した、求人サイトに連絡しても返答がない!ってことは普通にあります。返答を待っている時間が勿体無いので、他のお店にどんどん連絡をする、または履歴書を自分の足で配り歩く!その方が早く仕事をGETできる可能性があります

もし、自分の足で履歴書を配ってローカルの仕事をGET出来たら、もの凄い自信に繋がりますよ!

知人(ローカル)からの紹介

ローカルとは、現地に住んでいる人々とします

オーストラリアで、ローカルと交友があると、仕事を紹介してくれることもあります

私が、ゴールドコーストの卓球クラブに参加していた時は、Uber以外に仕事探してないの?探しているなら、いくつか紹介してあげられるよ!と言われたことがあります

実際に、ホテルのフロントの仕事を紹介してあげるよ!給料もいいよ!と言われた時は、結構真剣に悩みましたが、時間に拘束されてしまうのが嫌で断りました。今考えると、少し断ったことを後悔。。。

語学学校からの紹介

語学学校に通っていると、学校が仕事の紹介をしてくれる機会があります

私も実際に語学学校に行ってる際に、○○の求人があるから気になる人は、後で詳細を事務室に聞きにきてね!というアナウンスを何回か聞きました

他の生徒も語学学校にはいるので、その人から仕事を紹介してもらう!という手段もあります!中には、語学学校に1年間以上、通っている人もいます。その人から、ここのお店はブラックだよ!あそこのお店はいいよ!などの情報を聞くことができます

私が通っていた語学学校SPC⇦リンク貼ってますので気になる方は参考にどうぞ!

学校によっては、掲示板に求人情報が貼られていますので、掲示板から仕事探しもできます

どおすれば、ローカルの仕事をGETできるのか?

ローカルの仕事の定義を、職場でのやりとりは全て英語、さらに法律に遵守した経営をしているお店とします

①英語力を上げること
いくら経験があったとしても、面接で英語でのコミュニケーションが取れないと落とされます。どのくらいの英語力が必要なのかは、職種によってことなります。正確な基準はないですが、Native English speakerと簡単な雑談が行えるくらいの英語力は必要かなと思います

②経験
オーストラリアでは、経験がないと働けない仕事がいくつかあります(店舗による)なので、最初は経験を積むために未経験でも働ける職場を探す必要があります

この2つを揃えて初めて、ローカルの仕事のインタビューに辿りつけます

人が持っている謙虚な心とは、素晴らしいものだと思います。しかし、自分の英語力に謙虚になる必要はありません!ローカルのお店で面接の際に、英語はどのくらい話せる?と聞かれたら、普通に話せるよ!と自信満々にいいましょう!ここで、『少しだけ。。。』とかいうと、100%落とされます

どんな仕事内容でもいいから、ローカルの環境で仕事をしたい人へ

友人C:発想力と行動力で、ローカルの仕事をGETした例

どおしても、ローカルの職場で仕事がしたい!しかし、英語力が乏しい。。どおすればいいのか考えていた友人Cは忙しいローカルのお店を中心に履歴書を配り歩きました

その友人Cは、ただ履歴書を配るだけではなく、お店のマネージャー履歴書を手渡し(マネージャーがいなければ別日に再来店)皿洗いでも、清掃でもなんでもするから、雇ってくれという交渉をしていました

英語力の問題と皿洗いのポジションがない、という理由で断られる件数の方が多かったそうですが。ある日、皿洗いのポジションが空いているレストランを見つけ出し、ローカルレストラン(皿洗いの仕事)をGETしました

仕事を真面目にこなし、同僚(ヨーロピアン・オーストラリア人)とも仲良くしていた彼の英語力は爆上がりして、4ヶ月目からホールの仕事を始めていました

ワーキングホリデーVISAでは最長6ヶ月しか同じ場所では働けないので、泣く泣く退職。しかし、友人Cさんは高い英語力とローカルレストランでの仕事を経験していたので、すぐに別のローカルレストラン(ホール)の仕事をGETしていました

みなさんも発想力と行動力で、ローカルの仕事をGETできる可能性は大いにあります!

まだまだ、英語力が乏しく、経験がなくても、ローカルの仕事をGETできる方法はあるかと思います。捨てるものはない!という気持でローカルの仕事をGETする方法をご自身でも考えて挑戦してみてください!

まとめ

仕事の探し方を紹介してきました

・ネットで探す
・履歴書を直接お店にもって行く
・知人(ローカル)からの紹介
・語学学校からの紹介+語学学校にいる生徒からの紹介

渡豪したての時は、右も左もわからないことばかりなので最初は生活費を稼ぐために、本来であればやりたくない仕事をすることもあるでしょう

しかし、正しい努力をしていれば必ず報われます!

みなさんが、オーストラリアで働きたいと思っている仕事に就けることを願っています!

最後まで読んでくれた方、ありがとうございます!