オーストラリアで車を売る方法を解説

オーストラリアで車を売るまでの手順を解説しています。車両販売の手順をしっかりと踏まないと、後に謎の請求が来ることもあります

私は車を2回売りましたが、最初に車をゴールドコーストで売った2週間後にブリスベン付近の高速台の請求書が届きました。車を売った際に車両売買契約書に購入者からサインをもらっているので、請求元に電話で事細かに説明しました

結果、私への請求はストップしました

車両売買契約書にサインをもらっていたので、無駄な出費はなかったですが。もしなかったら、自分で払う必要があったかもしれません

車を売る手順

①車両の広告を出す
②RWC取得(ロードワーシー)
③売買契約書の準備
④購入希望者のインスペ対応
⑤お金をもらう+売買契約書に記入

意外と簡単ですよ!下記で細かく解説しています

車両の広告を出す

車を販売する方法は思いつく中で3つ

・個人売買
・ローカルの中古車販売業者に売る
・日本人整備工場

オススメは完全に個人売買です。日本人整備士又はローカルの中古車販売業者に売ると個人売買するよりも$1,000~$2,000は売値が安くなってしまいます(その分面倒くさい、手続きをしなく済みます)

個人売買の場合は、車をSNS・ネットなどに掲示して自分で購入者を探す必要があります(手続きや面倒くさいことがありますが、高く売れます)

オーストラリアでは個人売買が当たり前ですので、SNS(Instagram/facebook)・ネット(carsales.com/Gumtree)などを使うと簡単に購入希望者を見つけることができます

私の場合は、Facebookでその土地/街の車両販売グループに入る、carsales.comの2つ主に使用していました。売りたい車を掲載するだけです

このように、車両年式・距離・色・車の状態などを詳しく書けば問い合わせも増えます。色々なサイトを見て相場観を調べて値段は確認してください!

私の車ボロボロだし、少し安くしよ。。。とか考えなくていいです!まずは、相場の値段を提示して、どおせ値切って来ますので、最初から低い金額だと損します

②RWC(ロードワーシー)の取得

これは、車が安全に走りますよー!という証明です。また、購入者が名義変更をする際に必要になる書類です。RWCを取得するに条件がありますQueensland Goverment(Transport and motoring)←こちらから確認できます。RWCを取得するだけなら、$100前後です。修理が必要な箇所がある場合は、その分見積もり金額があがります。しかし中には、必要ない修理をしてお金をぶん取ろうとする会社もあるので、お気をつけください。知り合いに紹介してもらう会社が安心できるかな思います

車両を売る時にRWCってルール上は必須なんですけど、RWC取得しないで車両売買をしてる人もいるんですよね。例えば、RWC取得するのに$5,000かかる車の場合は$1,000で車売るから、あとは自分で何とかしてね!って人もいます

前述した通り、RWCは名義変更で必要になるものなので、誰が取得しても一応は問題ないです

スムーズに売りたい場合は、RWC付きで広告を出せば普通に売れます

重要:売買契約書の準備

売買契約書のPDFを貼り付けを添付しておきますね。近くの陸運局に行ってももらえます!

売買契約書PDF

2通りの使用用途があります

1つ目、車を購入した人が名義変更に使用

2つ目、車を売りました!という証明書にもなります

例えば、車を売った後に購入者が信号無視や有料道路を通行した場合、あなたに請求がくることになります。しかし、この書類があれば請求元に請求をストップさせることができます

自分で埋められる場所は記載しておいて、あとは購入者に記載してもらえるようにしとけば大丈夫です

購入希望者のインスペ対応

注意:インスペを行う場所
場所はどこでもいいとは思いますが、女性などは夜にインスペ希望者に会うのは避けた方がいいと思います。安全面を考慮して、日中人が多いところ(大通り、公園の駐車場)

インスペの際に試乗を希望された場合は、自分も助手席に乗って少し走らせてあげます。気に入ればその場で購入ってことよくあります

⑤お金の受け取り方+売買契約書に記入

お金の受け取り方法

現金でも送金でもどちらでもいいです。送金先が初めて送るアカウントだと1日かかる場合もあるので、不安なら現金でもらった方がいいと思います

・$5,000まで金額だと、現金で持ってくる人が多いイメージです。現金でもらった場合はその場で金額の確認をします
・送金の場合は、その場でアカウント情報を相手に教えて送金してもらいます(後に送金の取り消しされない?大丈夫です・私も一回ご送金で送金の取り消しを行った際は、結構めんどうくさい作業になりました。そんな簡単にはできません)

売買契約書に記入

売買契約書コピー
売買契約書コピー

車の販売者用のコピーです!これが重要です!ここに販売日時と相手の個人情報とサインがあれば、車を売った後に何かしら問題が起きてもなんとか対応はできます

できれば、相手の免許証を写真を撮る(個人情報だと嫌がる人なら無理しないでも大丈夫です)

まとめ

①車両の広告を出す
②RWC取得(ロードワーシー)
③売買契約書の準備
④購入希望者のインスペ対応
⑤お金をもらう+売買契約書に記入

この手順を踏めば問題なく車を売ることができます。

州によって、販売に必要条件が異なる場合があります。このブログで記載している方法はクイーンズランドで個人売買の方法です