ワーキングホリデーに挑戦しようか迷っている方へ

2019年1月10日から2022年5月15日の期間、オーストラリアに滞在していました。

2年間:ワーキングホリデービザ

3ヶ月:学生ビザ

13ヶ月:コロナビザ(Pandemic Visa)

世界的に、コロナの捉え方が変わってきて国境を開ける国が多くなってきましたね。2022年10月現在、ワーキングホリデーVISAで渡航できる国がコロナ前の状態に戻りつつあります

TwitterやInstagramを見ていると、『やっとワーホリに行ける!』というツイートが多くありました

本来ならコロナ前に渡航する予定が、急に国の国境が閉まってしまい、2年以上ワーホリを延期していた方もいらっしゃるそうですね

また、今回のコロナ騒動で『生きているうちに、どのようなことが起こるかわからない!』だから、やりたいことを後回しにしないで挑戦していこう!という気持ちの変化があった人も多くいます

この記事では、『ワーキングホリデーに行きたいけど迷ってる(不安)』という方の背中を押してあげられるようにまとめてあります

ワーキングホリデーは全てが自分次第

・ワーホリで海外に長期滞在していれば、英語力が身に付く!

・海外の方がストレスなく、楽しく仕事ができそう!

・日本にいるよりも、海外の生活の方が楽しそう!

これらは、全てが嘘であり、本当でもあります

やってやる!

なんでもかんでも『やってやる』(積極的に行動・挑戦)を意識して海外で生活していれば、必ずワーキングホリデーを通じて沢山のことを学び成長することができます

逆に、受け身の姿勢でなんとかなく海外で生活を送っていると、何も学ぶことが出来ずに帰国。。。ということになります

ワーキングホリデーに行くことを迷ってる理由は?

悩んでいる人

ワーホリに行こうか迷っている人、大抵の人に共通しているのが下記の問題だと思います

仕事を辞める必要がある

よくわかります。安定した収入を一度手放して、海外に行くって不安ですよね

具体的に何が不安と説明しろと言われても、うまく説明できない不安があってモヤモヤしますよね

私の解決策:新しいことに挑戦するには、今あるものを手放す必要がある

英語力に不安がある

英語力0でも、海外で生活ができるのか?現地で仕事を見つけて働くことができるのか?

まず、日本で1人暮らしをしたことないけど、、、海外で1人で生活できるのか⇦『これ私です(ずっと実家住まいでした)』

私の解決策:英語力は独学と環境次第で短期間で伸ばすことが出来る

ワーホリに行くと身内に伝えたら反対された

ワーホリに行くと身内に伝えて、反対されるケースが多いそうです。恐らく、賛成してくれる身内がいる方が珍しいのかな?と思います

私の解決策:結果で納得してもらう!ワーホリを終了後に、ワーホリに行って変わったな!と思ってもらえるくらいに成長する

帰国後の就職先

ワーホリ後の就職はできるのか?⇦社会人経験が長くワーホリに関して、真剣に悩んでいる人ほど悩む傾向にあります

解決策:帰国後の就職を視野に入れたワーホリ生活を送る

例:ホテル勤務ならワーホリ中にホテル勤務をする
貿易関連なら、ビジネス英語を学ぶ
留学会社で働くなら、現地の留学会社でインターンをする

など

私もワーホリ前に仕事を辞める時に『勇気』が必要でした。また、ワーホリ帰国後に就職できるのか?と不安に感じていたことを今でも覚えています

渡航前の『不安』・『悩み』の数が多いだけ、、、、

ワーホリに挑戦する際に、人それぞれ『不安』・『悩み』があると思いますが、1つだけ断言できることがあります

ワーホリ渡航前に、『不安』・『悩み』の数だけワーホリライフを必ず充実させることができる!

それだけ、真剣にワーホリと向き合っているということですからね!

Aさん(29歳)の

Aさん

海外での生活に憧れていた、社会人歴8年目のAさんはワーホリに行きたいとずっと考えていました。しかしワーホリに行くに当たり、仕事を辞める不安、英語力0で海外で生活ができるのか、ワーホリ帰国後の就職の不安、身内からの反対、などの不安を抱えていました

不安に感じる原因が、漠然としている不安とワーホリに関して情報量が少ないからだ!と気づいたAさんは、不安に感じている事を全て書き出しました。同時に留学エージェントに問い合わせ、SNS・ブログ・Youtubeからワーホリ関連の情報をできるだけ多く収集しました。ワーホリの情報を集めていると、ある程度の『不安』は自身の努力次第で解決できることに気づきました

・英語力を身に付けるには、独学・語学学校に行く・外国人の友人を作る・日本人とばかり一緒にいない
・仕事の探し方・シェアハウスの探し方・SIMカードの契約の仕方・実際のワーホリ体験談などの情報はネットやSNS上に溢れる程ある
・帰国後の就職の不安は、海外でどのような生活を送るか次第!
・身内を納得させるには、結果で納得させるしかない!

上記4つに気付けたAさんは、不安に感じていることを『自己完結』させることに成功して、ワーホリに挑戦しました

Aさんはワーホリ渡航前に、こう言っていました

『不安』・『悩み』は人を動かしてくれる原動力となることをワーホリ前に学べました。この事に気付けただけでも、大きな収穫です

海外滞在中も、壁にぶつかることがあるかと思いますが、その壁が自分自身を成長させてくれる!と捉えて、積極的に新たなことにチャレンジをしようと考えています

現在もワーホリ中のAさん!ワーホリ前にたくさん悩んだおかげで、他の人よりも1日1日を大切にしながら生活を送れているような気がします

多少の『不安』・『悩み』を感じつつも、それをエネルギーとして目標に向かって頑張っているそうです!

ワーホリに挑戦したいけど、『不安』・『悩み』をどうしても拭えない人へ

不安に感じていることを書き出す

騙されたと思って、一回やってみてください!

漠然な不安って絶対に頭で考えても解決ができません

紙に書き出して、不安材料を目視できるようにしましょう!

例:韓国語がまったくわからない私が、韓国にワーホリに行くとしたら下記のような不安材料が挙げられます

・今の仕事を辞めてまで、韓国ワーホリをする意味は?
・韓国語を話せないけど生活できるのか?
・韓国語話せないけど、働けるのか?
・ワーホリ中の滞在先は?(探し方は?)
・1年間の滞在で、どのくらい韓国語を話せるようになるのか
・韓国人の友達はできるのか?
・韓国の治安は?
・滞在中のSIMカードはどうすればいい?
・ワーホリ中に病気・怪我をしたら?
・どこの都市がワーホリ生にはオススメなのか?
・韓国ワーホリ予算はどのくらい必要?
・身内に反対されたらどうしよう
・韓国ワーホリ後に、日本に帰国して就職はできるのか?

『不安』を書き出すと、わかることがあります

それは、大抵の『不安』は情報取集と、その後の自分自身の行動次第で『解決』できると気付けます!

不安材料を書き出したら、その横に『解決策』を書いてみましょう

似たような境遇の人をSNSで探す

中には、1人では解決できないような『不安』もあるかと思います。その時は、SNSで似たような境遇の人を探すか、ワーホリ中の方やワーホリ経験者に質問してみるのが良いと思います

やはり、1人で抱え込むよりも似たような境遇の人とお話をしている方が、解決となるヒントが得られる可能性が高まります

自己啓発本を読み漁る

自己啓発本の力は本当に凄いです

私も、何もやる気がでない時は『自己啓発本』を読むことにしています

騙されたと、思ってなんでもいいので『自己啓発本』を読んでみてください

最初にお伝えした『やってやる』(積極的に行動・挑戦)しよう!と気持ちにさせてくれます

本で読んでもいいですし、Kindleでもいいです

私は、Kindle Unlimited(月額980)に入っていますので、無料で読める自己啓発本を読んでいます

Kindle Unlimited
画像にURLを貼ってあります(2022年10月現在:特別なプロモーション割引を行なっています)

それでも、ワーホリに行く不安を払拭できない方

私に、ご連絡ください!お話を聞きます

教員免許所持(英語)、留学会社勤務の経験と、オーストラリアでワーホリを経験、交換留学(高校)を経験しています。偉そうにアドバイスをするつもりはありません。話を聞いてあなたの不安を少しでも払拭するお手伝いをします

お気軽にご連絡ください

まとめ

ワーホリに挑戦するに当たり、『悩み』・『不安』に感じていることを明確にしてください!

大抵の問題は、情報取集と自身の行動次第で解決することができます

それでも、解決できない場合はSNSで似たような境遇の人に相談してみる

似たような境遇の人がいなければ、私に相談してもらっても全然大丈夫です!

少しでも、あなたの助けになれば嬉しいです!

最後に、繰り返しになりますが、

ワーキングホリデーに挑戦することに『悩み』・『不安』に感じている分、海外生活はより充実させることができると断言します!

それだけ、真剣にワーホリに挑戦することを考えている裏返しなのですから!

最後まで、読んでくれた方ありがとうございました!