個人的にワーキングホリデイを経験して『学べた』こと

当ブログの筆者もオーストラリアでワーホリ経験があります

2019年1月〜2022年5月までオーストラリアに滞在
2019年1月〜2021年1月:2年間ワーキングホリデイ
2021年2月〜2021年5月:学生VISAで滞在
2021年6月〜2022年5月:コロナビザ

ワーホリを経験する前の私は、普通のサラリーマンでした。しかし、ワーホリを通してたくさんのことを経験した結果大きく人生が変わりました

今回のブログでは、ワーホリを通してどのようなことが『学べた』のか!記録として残しています

ワーホリ前の私
・自己投資を一切しない
・休みの日はダラダラ
・仕事に対する目標もない
・人生の目標もない
・めんどくさいことは後回し
という感じで何となく生きていました
ワーホリ後の私
・1日を大切に過ごす
・仕事・遊び・休息にメリハリをつける
・自己投資を毎日する
・新しいことに毎日挑戦する(新たな知識を得る)
・めんどくさいことを、率先して対応する
現在は、WEB制作フリーランスとして活躍

人間ここまで変わるのか?ってくらい自分でもびっくりしています

ワーホリ中にたくさんのことを経験して、経験を通していろいろと考えることがありました。その結果が今に繋がっていることは言うまでもありません

では具体的に、ワーホリを通してどのような『学び』を得ることができたのか説明していきます

『悩み』・『問題』の解決能力が身についた

ワーホリ中に、たくさんの『悩み』・『問題』にぶち当たりました

海外では、自分1人で解決する必要があります

ネットで情報取集め⇨仮説を立て⇨解決を試みる⇨成功しても、失敗しても何故その結果になったのか分析をする

これらを、繰り返していくことで『悩み』・『問題』解決能力が身についたと感じています

1日1日を大切に過ごすようになった

ワーキングホリデーで海外に滞在できる期間には制限があります

できる限り部屋に引きこもって、Youtube/SNS/Netflixなどを見て無駄な時間を過ごさないように自分自身を管理していました

管理の仕方は簡単で、毎日『逆スケジュール』という日記をつけていました。詳細は下記のブログをご確認ください

『逆スケジュール』を付けることによって、毎日の行動を客観的に確認することができる為、無駄な時間を過ごしていれば一発でわかります

無駄にしている時間を見極めることができれば、もっと時間を有効に使おうと思えるはずです

日本に帰国した現在も、『日記』を書いて自己管理を徹底しています!

一度習慣として身につけてしまえば、『日記』を書くことを苦だと思わなくなります!習慣化させるまでは大変ですが。そこは、自己投資だと思って頑張って欲しいところです

メリハリのある生活を送れるようなった

オーストラリアでは常に働きっぱなし、時間があれば遊びに行く!という体を一切休めない日常を送っていました

結果、体調が悪くなりました。。。(体中に発疹ができてしまい体の怠さが数日間続きました)

病院の診断の結果は、疲労が溜まり過ぎていると。。。毎日が楽しすぎて疲労なんて感じなかったんですかね?

体を休めることも、大切なことだと勉強になりました

働く・遊ぶ・休む(体を休ませる)、しっかりとメリハリをつけることで、以前よりも毎日が充実した気分になりました!

新しいことに挑戦する大切さを学べた

1年間もオーストラリアに滞在していると、何事にも慣れてきてしまうんですよね

そこで、新しいことに挑戦することで、間違いなく新たな『成長』・『学び』に繋がります

私の場合は、ワーホリ2年目に『Uberドライバーの仕事を始める』+『WEB制作の独学』を始めました

最初は、上手くいかないことも多いですが多少のストレスが私を大きく成長させてくれたと思います

Uberドライバー(タクシー運転手)、私にもできるのかな?と不安になりつつも、1番最初のお客さんを送迎を終えた時には、もの凄い達成感を味わえました

WEB制作の独学も挫折率90%以上と言われており、続けられるか心配でしたが何とか続けることができました。現在は、WEB制作の仕事で稼ぐこともできています

初めてのことでも、挑戦すれば何とかなる!挑戦しないとわからないことは、たくさんある!

このことに、気づけたのはとても大きな成長だと思います

Uberドライバーを仕事にして英語力が飛躍的に上がった

Uberドライバー=タクシードライバー

お客さんのほとんどが、オーストラリア人の方で乗車中によくお喋りをします!

そのおかげで、ワーホリ当初よりも英語力は格段に上がりました

日常会話の英語を勉強するなら、英語を母国語としている人と話すことが1番手っ取り早い方法だと確信しました

めんどくさいと感じたことは、早く終わらせる

めんどくさいことを後回しにして、痛い目に何度か会いました

例:
①車の登録の更新めんどくさいなぁ〜と放置していたら、延滞金まで払う羽目に
②部屋の掃除めんどくさいなぁ〜と放置していたら、あっという間に汚くなる
③ビザの更新後ででいいや〜、最後に慌てて対応することになる
など

自分でも、嫌になる程後回し癖が酷かったです

そこで、あえて『めんどくさい』と感じたことを率先して、片付けていくことにしました!そうすると、案外時間をかけずに対応が可能なことに気づけました

この気づきのおかげで、後回しにする癖を完全に克服することが出来ました!

もし、『めんどくさい』と後回しにしてしまう癖が直せない人は、こちらの本が本当におすすめです!

この本を読み終えた時には、もっと早くこの本に出会いたかったと心の底から思いました

新しい自分を発見できたこと

オーストラリア滞在中は、基本的予定がない日は毎日働いていました(仕事はUber eatsとUberドライバー)

今日はめんどくさいから休んじゃお〜とか一切考えたことがありませんでした

毎日なぜ、働けているのかを分析したところ簡単に答えは出ました

自分の好きな時に働くことができる!これにつきます!

逆にいうと、好きな時に休むことができる!

もしかして、フリーランスの仕事スタイルの方が自分には合っているのはないだろうか?

自己管理はできる、自分自身に鞭を打ち働くこともできる!フリーランスが自分に合っている!ここに気づけたのはワーホリを通して1番の収穫だったと思います!

まとめ

私は、ワーホリに挑戦して本当によかったと感じています!

ワーホリに挑戦しなくても、日本で学べることばかりじゃん!という声も聞こえてきますが、私はそうは思いません

自分の経験を通して、『成長』・『学び』を得る事と、他人から教えられて『成長』・『学び』を得ることは天と地程の差があると考えています

人から教えてもらったことは忘れやすい、経験を通して学んだことは一生忘れることはできない!と私はそう考えています

もし、よかったらワーホリ経験者の方。あなたがワーホリを通して『成長』できたことを教えていただけませんか!?

これから、ワーホリに挑戦しようと考えている方のとてもいい参考資料になると思います!

お気軽にDMください!

最後まで読んでくれた方ありがとうございました!